カフェテーブル | TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ

カフェテーブルはカフェの顔ーアイアン脚でさまざまな表情に変わる

cafeteble-ironleg-IMGP0593-s.jpg

 

 

[カフェテーブルはアイアン脚・鉄脚で表情が変わる]

 

 

 

カフェの雰囲気を左右するカフェテーブル。既製品のアジア諸国で作られるアルミ十字脚や丸ベースにポールがくっついた安易な黒塗装品のカフェテーブル脚は、カフェの個性を出すには難しいかもしれません。量産品ですので、街中のカフェや、ファーストフードに至るまで右も左も同じカフェテーブルばかり。現在カフェオープンを予定されているオーナー様はネットを検索してカフェテーブルのイメージをつくっていらっしゃることと思います。

 

現在リノベーションで倉庫を改装しカフェ開業へ予定されていますお客様からのオーダーで黒皮鉄でカフェテーブルを揃えたいご要望であえて十字脚のカフェテーブル脚と4本独立の鉄脚(アイアン4本セット)を混在させた形で構成をしたいと言うことで8台発送準備前のテーブルです。 

 

 

cafeteble-ironleg-IMGP0202-s.jpg

 

テーブルやベンチのDIY製作用に手軽でありながら本格的なテーブルが作成できるアイテム。上の画像は天板厚み25ミリに鉄脚4本セットの「太さ19ミリタイプ」で角度は「B310タイプ」というバランスの良い組み合わせで作られたものです。鉄脚でテーブル作成されるご予定の方にはちょっとだけイメージの参考になるのではと思います。足場板の古材を準備の方でも厚みが35mm前後だと思いますが、それでもこの太さ19ミリの鉄脚は丁度よいバランスになりますのでおすすめです。あとは角度は個人の見た目の好みです。

 

 

 

cafetableI-ironleg-MGP3473-s.jpg

 

 

 

カフェテーブル1本脚タイプの上のアイアン脚は、天板が大きさ600ミリ角の大きさ用に作られたものです。組み合わせている天板は、TEKOLABOオリジナルのRアール天板で組み合わせています。価格など詳しくは予定サイズと共にお問い合わせくださいませ。この2つのタイプ違いの鉄脚・アイアンレッグも外せないということでカフェテーブルとして空間に共存する。アイアンレッグの選択によって雰囲気がかわりますよね。でも同じ意図をもってこだわって作られた鉄脚どおしなら、一見なじまないようでいて、結構バランスが取れる雰囲気ですのでこれも非常にアリな絵かと思います。現在その他ダイニングテーブルのオーダーとアンティークパイン古材を使ったカフェテーブルのお客様、アイアンシェルフ数台などのオーダー製作が詰まっておりおまたせしていますが、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

[カフェテーブル]

 

cafetable.jpg

 

 

ちょっと変わったアールのカフェテーブル天板も販売しています!!

紹介過去記事はこちら

 

ironleg-cafe-table960pi(4).jpg

 

上の画像の丸テーブル(円卓)に使われている黒皮鉄の鉄脚 

カフェテーブル十字脚の心臓部である黒皮鉄エックスベースが出来るまでのダイジェスト動画を作りました。一度御覧ください。

 

 

TEKOLABOのカフェテーブル
オンラインストアからお問い合わせください。 

 

*新作商品についてのお問い合わせは新しくオープンしました

TEKOLABO STOREよりご連絡ください!

 

TEKOLABO STORE 店主

 


TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ    
〜鉄脚と古材の小さな研究室(laboratory) 

カフェテーブル

20190827_2528834.jpg

 

 

[カフェテーブル] 

 

カフェテーブルやカウンタースツールの脚も黒皮鉄にこだわって欲しい!そんな思いもあって、ずっと・・・もう数年前から1本脚のアイアンレッグを作りたくてデザインしていました。ひとつ、ベースのイメージが決まると素材の厚み、形、大きさのバランス、十字脚の大きさや太さに対するメインポールのパイプの太さや素材感にこだわり・・・果ては天板を留める為のカップ状のプレス加工した天板受け金具まで黒皮鉄のオリジナルで作りたくなって・・・そうすると、アジャスターまで気になって作りたくなって

 

 

20190827_2528835.jpg

 

あ〜もう止まりません!このカフェテーブル脚への思いが・・・図面が描けても実際にこのレーザー加工をやってもらえる協力会社探し、試作、予算、もう何度も前へ進んでは後退のくりかえしで。何度かやっぱり無理かと心が折れることも。

でも、やっと製作にこぎつけて一発目のカフェテーブル一本脚の十字ベースの左右のパーツがレーザー加工からあがってきたときの嬉しさと、感動と、ワクワクが抑えきれなかったのを思い出します。でも、つくづくモノづくりしていて思います・・・やっぱりMADE IN JAPAN-日本のモノづくり

 

は、やはり最高です!!人も技術も・・・。日本で良かったぁ。

 

 

 

その1発めの完成した十字ベースの左右を最初に仮組みしたとき、仮溶接した時の動画を実は撮っていたんです。

このカフェテーブル十字脚の心臓部である黒皮鉄エックスベースが出来るまでのダイジェスト動画を作りました。一度御覧ください。

 

 

 

商品PRというよりも初めて動画をアップすることがちょっと楽しくて、iphone5s(←地味に古い)だけで撮影し、アプリ「imovie」でテンプレートをそのまま使って動画とテキストだけ差し替えた、ほんと自己満足だけの初めてのyoutube動画です。(動画って楽しいですねぇ。iphoneだけで完結出来るのでこれからハマりそうです😃)

 

 

 

 

ちょっと変わったアールの天板も販売しています!!

紹介過去記事はこちら

 

20190827_2528838.jpg

 

 

TEKOLABOのカフェテーブル

 

オンラインストアからお問い合わせください。 

 

 

 

*新作商品についてのお問い合わせは新しくオープンしました

TEKOLABO STOREよりご連絡ください!

 

 

TEKOLABO STORE 店主

 

 


TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ    
〜鉄脚と古材の小さな研究室(laboratory) 

 

カフェテーブル1本脚

20190819_2522735.jpg

 

[カフェテーブル1本脚]

 

 

カフェテーブル1本脚の価格表をやっとアップロードしました!中々時間が取れず放置していましたがこの機会にローテーブル用、普通のカフェテーブル用、ハイテーブル用、カウンターのハイスツール用にも使えるサイズまでラインナップしました。  

天板を受ける為だけの金物にまでRアールのデザインにこだわりました!

 

 

20190819_2522761.jpg

 

cafetable.jpg

 

 

TEKOLABOのカフェテーブル。Rアールのやさしさがテーブルから感じられる。「なんか居心地いいね!このカフェ。」を想像して作ったRアール天板と合わせてもらえるとデザインした店主としては最高に幸せです(笑) 

 

 

 

 

 

 

TEKOLABO STORE 店主より

 

 

 

*新作商品についてのお問い合わせは新しくオープンしました

TEKOLABO STOREよりご連絡ください!

 

 

TEKOLABO STORE 店主

 

 


TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ    
〜鉄脚と古材の小さな研究室(laboratory) 

カフェテーブル

20190217_2390116.jpg

 

[カフェテーブル]

 

こんばんはTEKOLABO店主です。

そろそろ花粉の季節が徐々にせまってきましたね。画像のカフェテーブルは製作完了の納品予定のTEKOLABO新作の1本脚の丸テーブルですが、丸天板はTEKOLABOの在庫天板(直径600ミリ・無垢材メープル)ですので興味ある方はどうぞお問い合わせください。

 

この1本脚のカフェテーブルの素材はすべてアイアン! すべて黒皮鉄の部品で構成された鉄脚なのです。アジャスターについても、TEKOLABOがイチから鉄板で作ったオリジナルのアイアンのアジャスターです。

 

アジャスターまで自社で作ってしまう(笑)handmaded アジャスター。

 

20190217_2390115.jpg

 

エックス脚に至っては 中が空洞になっているアジア諸国で量産されているような、鋳物の製品ではなく、無垢です。金太郎飴のように断面を切っても切っても無垢の鉄!ですので普通のカフェであるようなカフェテーブル脚とは全く違う どっしり感と重厚感と実際の天板を付けたあとの安定感は別格です。

 

20190217_2390117.jpg

 

現在、お客様のオーダーで厚みが50mmの楢の天板を取り付ける900Φの大型 丸テーブル用の脚を製作中です。今現在レーザー加工が終わりこれから、製作完成に向け調整中です。この大きな丸天板に取り付けるカフェテーブル脚も900mmの大きさにバランスをあわせ 脚の張り出しを調整した仕様で製作しますので重厚感と安定感は抜群です。

長らくおまたせいていますが、今しばらくお待ちくださいませ。改めてご連絡いたします!!

 

 

こちら新作のカフェテーブル脚は メインポールの直径を小さくてエックスサイズもダウンしたもので製作して案内板やトルソーベースやアパレル什器の各種ポールのベースとしても製作アレンジが可能ですので、お問い合わせお待ちしております。

 

 

 

TEKOLABO STORE 店主より

 

 

 

*新作商品についてのお問い合わせは新しくオープンしました

TEKOLABO STOREよりご連絡ください!

 

 

TEKOLABO STORE 店主

 

 

 
  TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ      
  〜鉄脚と古材の小さな研究室(laboratory) 

 

 

鉄脚?とバーチプライウッドのRアール天板

ironregtable1.jpg

 

[Rアールのやさしさ?]

 

 

こんにちは、TEKOLABO店主です。

鉄脚のオーダー製作、カフェテーブルの製作、アイアンシェルフのオーダー製作や建築金物施工案件などでなかなかブログが更新できずで恐縮です。

 

さて画像の鉄脚テーブル?ではなく ステンレス脚のカフェテーブルなんですが、天板は現在も販売中のバーチプライウッドのRアール天板です。綺麗なRアールラインと鉄脚・・・では無く(これステンレス脚なんです)デッドステンレッグの脚の角度が絶妙。Rアールのラインって そのもの自体があるだけで優しい。カフェテーブルって一般的に四角の天板が多いですよね!

だって、天板をくっつけてぴたりと隙間なく合わせて使うだけで600角のカフェテーブルが1200の長方形テーブルに変えられますから。

 

でもね・・・

空間にRアールのデザインのモノがあるだけでなんだかちょっと安らぐだったり、安心だったり、このRアール天板のカフェテーブル

に限って言えば 出入りのしやすさが居心地の良さにつながったり。実際に言葉でこういう感覚を言わなくても、体感としてちょっと満員気味の2人がけのテーブルが並ぶカフェで こちらへどうぞ!って案内されても、その奥に行ってテーブルの角に気遣ったりしながらやっと椅子にすわっても、次出るときにまた、入った時と同じ気遣いをすることを体感として感じると、どことなく居心地の悪さを感じたりする。

 

 

cafetable.jpg

 

 

そんな事がちょっと良い方向に向かうんじゃないかと考えて何度も何度もCADで描き続けたTEKOLABOのカフェテーブル

そんな小さな変化や小さな体感のやさしさがテーブルから感じられれば、それを居心地良いcafeと感じて人が集まる。それを感じた体感した人がまた人を連れてやってくる。「なんか居心地いいね!このカフェ。」

そしたら知らない内に そういう価値観や心地よさを本当に感じてもらえる方がそのカフェに引き寄せられる・・・

そんな心地いい人たちと心地いいモノが集まる そんなカフェを想像しながら作りました。

 

 

「正負の法則」得るものがあれば失うものがある。マイナスの後ろに隠れてるプラス。これからリノベーションして新しいカフェ開業する予定のカフェオーナーさん、空間をデザインするインテリアコーディネーターや建築士その他 それぞれ あなたは何を得て・・・何を捨てますか? 又は何を手放して・・・何を得ますか?

 

 

 

 

 

 

TEKOLABO STORE 店主より

 

 

 

*新作商品についてのお問い合わせは新しくオープンしました

TEKOLABO STOREよりご連絡ください!

 

 

TEKOLABO STORE 店主

 

 


TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ    
〜鉄脚と古材の小さな研究室(laboratory)