鉄脚の選び方・角度などのこだわりについて | TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ

リフォーム・リノベーション用 テーブル脚・ハイチェア脚・ハイカウンター脚の選び方・角度について

角度比較.jpg

 

 

 

前回ハイテーブルやハイカウンター台などリフォーム、リノベーションで

鉄脚テーブルを計画されている方へ鉄脚の選び方としてシェアさせていただいている続きです。

 

前回の記事はこちらへ!!

 

鉄脚だけの高さが690mmくらいを予定で更に

奥行の狭い天板(450mm以下)という条件が絞られてから

Aノーマルタイプという選択肢は無くなりました。

 

あとは分かりやすく言うと

●「直角角度タイプ/A310・B310」か

 「斜め角度と直角の間タイプ/A400・B400」かの2択。

            ↓

●「天板奥行が400mm以上ある場合」は

  A400・B400・A310・B310が使えます。

            ↓

●「天板奥行が400mmより狭く320mm以上ある場合」は

  A310・B310が使えます。

 

それを図に表したのが下図

 

 

 

 

★★★最後の選択としてAタイプかBタイプか・・・★★★ 

 

 

(1)見た目に「美しいなぁ」「綺麗な脚だなぁ」と感じるほうを選ぶ

(2)天板全幅(全長)650前後以下だと椅子に座った時に

   細い振れ止め補強棒が太ももや膝にあたる可能性があるので

   その場合は絶対的にBタイプを選ぶ

 

 

(*)参考程度にAタイプは横揺れ強度がBタイプより強い

              ↓

   パソコン台や食事のダイニングテーブルとしての用途や

   物書きする使用用途なら全くどちらでも問題ありません。

   違いを感じるのはテーブルを横に揺するような軽作業台や

   ゴシゴシ雑巾がけをした時の振れ止まりに違いを感じます。

   (高さが650mmあたりを超えてからのお話です。)

   これはあくまでも太さ16mmの無垢黒皮鉄の鉄脚の場合であり

   太さを19mmに変えるだけで桁違いの強さと横揺れ強度に

   加えてインダストリアルな武骨さと美しさを兼ねた

   バランスを感じていただけます。

    

 

 

★★★TEKOLABOの鉄脚の角度についての強いこだわり★★★ 

 

TEKOLABOの鉄脚が何となく美しく感じる理由・・・

美しいとは完全に好みであり私たちの主観ですが 

 

何処か昭和レトロでいてインダストリアルな鉄脚をどうしても

次のダイニングテーブルやパソコンPC机、椅子ベンチ、

店舗什器には欲しいと探していて

沢山インターネットでサーフィンし店舗で実物を見たりして

なんか違うなぁ、こうじゃないだけど・・・と

TEKOLABOにたどり着いた方や

それを何となく同じように感じている方に語り掛けています・・・

 

 

上の画像は斜め角度のものですが・・・

直角に対してもTEKOLABOは他と違って強いこだわりがあります。

 

A310とB310の
「ほぼ直角に近い角度」については、TEKOLABO独自のこだわりで
完全な直角 には製作していません。

なぜ「直角」ではなく「ほぼ直角」なのか?

 


これは、正確な直角につくって取り付けられたテーブルは
実際には目の錯覚で直角に見えないむしろ足元が内側に
入っているように(逆ハの字) 見えて非常に不格好

なものになることが多く
他のショップで直角のものを販売しているのを見るとわかると
思いますが、組付けた状態のテーブルになった時によくわかり
脚先(床に接している方)が内側に入っているような
本来直角なのに、傾いて見える・逆ハの字のような

見た目に不格好で不安定な印象をあたえるものとなります。


ですので、TEKOLABO独自のこだわりで

90度よりもほんの少しだけ僅かに
斜め角度をつけたニアンスで量産製作するようにしています。
それにより、非常に安定感を見た目にもたらす効果があります。

(これは脚が非常に細いタイプの脚類に限ります)

 


*太さに悩まれている方は19mmをお勧めします!厚み24mmでも
このバランスです。30mm厚と合わせるともっと19mmの効果が
感じられると思います。

 

 

 


他店ではそのような感覚を持たない人・ショップが
鉄工所に直角で作らせ、言われるがまま図面通り
直角に製作する美的感覚のない作り手が製作して
似たようなものを流通させて販売しているのが大半です。

当ショップでは店主自身が作り手でもありますので
そのコダワリを実現するべく建築金物施工プロの店主自ら
製品を製作・試作し、のちの量産する提携鉄工所へ
製作冶具自体を持込み、直接溶接工と打合せ
溶接個所、グラインダー仕上げ、使う黒皮鉄の
材料自体までも指導し さらにはその鉄工所の仕入れる
鋼材メーカーへも足を運んで純日本製の黒皮鉄の
鋼材を指定してこの鉄脚を製造し続けています。

 

<ここ重要!>

この感覚で作られた鉄脚と単なる他の真似事で

作られた直角鉄脚をハイカウンター台やハイテーブル

の天板に取付けたらどうでしょう?

高さ700mm前後で上の画像ような感じが

850mm、900mmと高さが上がると

どのような感じになるか少し想像がつくような感じがすると思います。

 

 

あなたのその重要な新しい一歩であるかも知れない

または、気分一掃して模様替えしたいようなテーブル脚には

非常に考慮すべき点だと思います。

 

そんな沢山のTEKOLABOのこだわりが詰まった

昭和レトロでいてインダストリアルな鉄脚を

リノベーションやマンションリフォーム、お部屋の模様替え

事務所の新設、移転時のPCデスクなどにご利用の時は

お問い合わせご注文をお待ちしております。

 

 

p.s.こういう事を完結して説明するのは難しく

途中書くのが嫌になりましたが(笑)多分

興味のない方にはごちゃごちゃ満載だったかもしれませんが

ちょっとコダワリを吐き出してスッキリしました・・・店主

 

 

 

一度電動工具をこの機会で購入してDIYを経験すると

なんでも自分でやりたくなってしまいます。

最初だけがどうしても 重たい腰が上がりませんが

一度経験すれば、その工具も後々いろんなケースで

活躍しますのでご検討の方はどうぞ こちらから

 

カートで直接ご購入可能ですのでよろしくお願いいたします。

また、すべて完成した鉄脚テーブルとしても

随時お好みの板で反り止めも施した完全な状態で

お手元にお届けするテーブル一式納品も可能ですので

新しい下記ウエブストアよりご相談ください。

 

 


*新商品についてのお問い合わせは新しくオープンしました

TEKOLABO STOREよりご連絡ください!

 

 

 

 

 

 

★古材や新材のダイニングテーブル・カフェーテーブル

ハイカウンター台や展示台・ハイテーブル脚を鉄脚で制作予定されています方

昭和レトロな鉄脚テーブルやベンチ 展示什器などご予定の方は

見積、相談承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

*古材天板だけや集成材やバーチプライウッド天板だけなど(最近始めました)

をお探しの方、検討の方はどんどんお問い合わせください。


 


  TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ     
  〜鉄脚と古材の小さな研究室(laboratory)   
 
 
  *お手数ですがご注文は下記リンク先のフォームから連絡ください。  
  [ ご注文・問合せ]   [PAGE TOPへ]

 

 

 

 

リフォーム・リノベーション用 テーブル脚・ハイチェア脚・ハイカウンター脚の選び方・角度について

 

ハイカウンター台や展示台・ハイテーブル脚を鉄脚で制作予定されています方に

また、4本独立脚の昭和レトロな鉄脚が大好きでローテーブル・カフェーテーブル・

ベンチ椅子・ダイニングテーブルにこのアイアンレッグをと計画中の方に

鉄脚の選び方のひとつとして

鉄脚の小さな研究室として一歩踏み込んだ記事をシェアいたします。

 

 

大きく分けて見ると3つのポイントに分けられ、

+ひとつの強いこだわりがあります!

 

(1)見た目の好み!

(2)壁寄せと脚先のはみ出し

(3)AタイプかBタイプかの選択

(4)テコラボの鉄脚角度への強いこだわり!

 

★★★仝た目★★★

 

TEKOLABOでは色々な好みのお客様に応えるべく

3種類の角度の鉄脚を販売製作していますが

これは、

見た目に斜め角度が好きな方   →Aノーマルタイプ

直角の角度の見た目が好きな方  →A310タイプ又はB310タイプ

上記のどちらでもない間が良い方 →A400タイプ又はB400タイプ

 

のような感じで大きく分けられます。

でもそれ以外の状況もプラスされ選ぶ鉄脚タイプは変わります。

 

 

★★★∧百鵑擦筏喟茲里呂濬个掘★★

 

カウンターテーブルや長机で天板奥行が狭い!

例えばw1200mmxd400mmの天板に一番斜め角度のAノーマルを

取り付けると足先が天板よりもはみ出してしまい(鉄脚高さ690mmの時)、

壁に寄せると足先が先に

壁にあたって天板と壁に隙間ができる状態になる。または

店舗の中央において什器として展示物を置く場合も

壁は関係なくても、お客様がテーブルの周りを歩くときに

展示物に目を取られて歩きますので、足元には注意が行かない状況となり

テーブルの脚に知らずのうちに引っかかってしまうことになります。

 

これがダイニングテーブルでも同じで室内ですと

日本なら皆さん多くの方は素足です。

となりますと想像がつきますよね!足の小指がぁ!!

 

ダイニングテーブルは奥行700mm以上あるものなら

脚を内側にセットすることで問題ないのでどのタイプでも好みの角度で選べますが

スペースの問題や一人で軽く食事をする為となると

450mm以下の天板で良いなどの場合は

確かに斜め角度の脚ってかっこいいですが(Aノーマル)

足先がはみ出して(鉄脚高さ690mmの時)は困りますので、そこで用意したのが

 

 

「少し斜め角度」「直角と斜め角度の中間」(笑)のA400タイプとB400タイプなんです

これだと、奥行400mmの天板幅以上あればはみ出しません。(鉄脚高さ690mmの時)

 

 

 

 

とこんな感じでまだまだダラダラと続きますので今日はここまで・・・

 

☆続きの記事はこちらで!!

 

 

 

古材や新材のダイニングテーブル・カフェーテーブル

ハイカウンター台や展示台・ハイテーブル脚を鉄脚で制作予定されています方

昭和レトロな鉄脚テーブルやベンチ 展示什器などご予定の方は

見積、相談承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

*古材天板だけや集成材やバーチプライウッド天板だけなど(最近始めました)

をお探しの方、検討の方はどんどんお問い合わせください。


 


  TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ     
  〜鉄脚と古材の小さな研究室(laboratory)   
 
 
  *お手数ですがご注文は下記リンク先のフォームから連絡ください。  
  [ ご注文・問合せ]   [PAGE TOPへ]