TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ

大阪にもー地震ー

IMG_7332.jpg

 

 

阪神淡路大震災以来の今回の非常に大きな地震。

発生当時、京都の施工現場へ向かう車中の信号右折待ちでした

急な車体の揺れを感じて、ドライブレンジに入っていたシフトレバーを

ニュートラルにしてエンジンを吹かしました。

この間時間にして一瞬ですが、

なぜそのようなアクションをするかと言うと

昔から古いものが好きで、車も好んで古車を乗り継いできたせいで

妙な車体の揺れを感じるとすぐ

ん?エンスト?!っって感じてシフトレバー操作と同時に

アクセル吹かしてエンスト回避する癖が体に染みついているせいです。

 

古い左ハンドルのmini1000

古い初代パジェロショート

古いランクル60(ロクマル)丸目・・・

などなど、故障ー修理ー故障ー修理の経験の影響ですね。

 

その次の瞬間車体が浮き上がるのを感じ

トラブルではなく地震であることを認識しました。

それからはまず自宅/家族・現場・関連会社等一部電話がつながらない

などありましたが、SNSのおかげで情報収集と連絡に救われた一日でした。

 

TEKOLABOのほうは古材倉庫スペースの壁にもたせていた端材古材が

通路は広くない分 右壁から左壁にもたれ返す状態になったことがあったくらいで

大小の散乱と片付けはありましたが

在庫商品、機材その他、大きな被害がなかった状況でした。

 

 

それ以外の絶対に倒れてはいけないもの類の

溶接用の炭酸ガスボンベ、アルゴンガスボンベ、大きな棚

お客様の納品前商品などは、地震のない普段から仮置きする場所や

途中工程でやめて翌日回しの物の置き場所などはいつも

大きな地震があった場合でも大丈夫な処理をしていた結果だと

改めて地震に対する準備が普段から必要だと痛感しました。

 

 

 

現場施工においても同じく

 

何十枚と続くパネル、金物、鋼材下地材、手摺金物

など途中で切り上げる時は必ず面倒でも

翌日再開するにも多少戻り作業になってしまう仮固定処理

を選定して正しく施すことを20年以上続けているおかげで

現場の材料への不具合、落下、働く職人への怪我、第三者への怪我は

一度もなくやり過ごすことが出来ています。

 

 

 

ただ、それもある程度のレベルの地震までにはなるとは思いますが

今後も引き続き警戒が必要な時期ではありますので

注意がまだまだ続くことになります。

 

 

 

その一方で現場施工、自宅、取引会社関係で色々あり

地震当日に発送できるはずだったお客様で一部

発送対応や状況連絡でさえ出来なかったこともあり大変ご迷惑をおかけしました。

 

月曜日よりも前にお問い合わせいただいています案件や

それ以降にお見積り、お問い合わせいただいていますお客様にも順次

ご回答を差し上げていますのでお待たせしていますが何卒御理解いただければ幸いです。

 

また、鉄脚テーブル製作用やハイテーブル、カウンターテーブル脚の

ご注文いただいていますお客様は通常通りの納期で出荷していっておりますので

ご安心くださいませ。鉄脚在庫もストックはございますので

新規ご注文も通常通りの営業で再開していますので

ご注文フォームよりお知らせ下さい。

 

 

まだまだ予断を許さない状況ですが
被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げます。
皆様の安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

 

TEKOLABO STORE 店主

 

 


  TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ     
  〜鉄脚と古材の小さな研究室(laboratory)   
 
 
  *お手数ですがご注文は下記リンク先のフォームから連絡ください。  
  [ ご注文・問合せ]   [PAGE TOPへ]

 

ハイカウンター・ハイテーブル脚・カウンター台つづき

角度比較.jpg

 

 

 

前回ハイテーブルやハイカウンター台などリフォーム、リノベーションで

制作を計画されている方へ鉄脚の選び方としてシェアさせていただいている続きです。

(もちろんカフェーテーブルやダイニングテーブルなどにも共通します)

 

鉄脚だけの高さが690mmくらいを予定で更に

奥行の狭い天板(450mm以下)という条件が絞られてから

Aノーマルタイプという選択肢は無くなりました。

 

あとは分かりやすく言うと

●「直角角度タイプ/A310・B310」か

 「斜め角度と直角の間タイプ/A400・B400」かの2択。

            ↓

●「天板奥行が400mm以上ある場合」は

  A400・B400・A310・B310が使えます。

            ↓

●「天板奥行が400mmより狭く320mm以上ある場合」は

  A310・B310が使えます。

 

それを図に表したのが下図

 

 

 

最後の選択としてAタイプかBタイプか・・・

(1)見た目に「美しいなぁ」「綺麗な脚だなぁ」と感じるほうを選ぶ

(2)天板全幅(全長)650前後以下だと椅子に座った時に太もも

   膝があたる可能性があるので 絶対的にBタイプを選ぶ

 

 

(*)参考程度にAタイプは横揺れ強度がBタイプより強い

   斜め角度タイプは横揺れ強度が直角タイプより強い特性があります。

              ↓

   パソコン台や食事のダイニングテーブルとしての用途や

   物書きする使用用途なら全くどちらでも問題ありません。

   違いを感じるのはテーブルを横に揺するような軽作業台や

   ゴシゴシ雑巾がけをした時の振れ止まりに違いを感じます。

   (高さが650mmあたりを超えてからのお話です。)

   これはあくまでも太さ16mmの無垢黒皮鉄の鉄脚の場合であり

   太さを19mmに変えるだけで桁違いの強さと横揺れ強度に

   加えてインダストリアルな武骨さと美しさを兼ねた

   バランスを感じていただけます。

    

 

 

★★★TEKOLABOの鉄脚の角度についての強いこだわり★★★ 

 

TEKOLABOの鉄脚が何となく美しく感じる理由・・・

美しいとは完全に好みであり私たちの主観ですが 

 

何処か昭和レトロでいてインダストリアルな鉄脚をどうしても

次のダイニングテーブルやパソコンPC机、椅子ベンチ、

店舗什器には欲しいと探していて

沢山インターネットでサーフィンし店舗で実物を見たりして

なんか違うなぁ、こうじゃないだけど・・・と

TEKOLABOにたどり着いた方や

それを何となく同じように感じている方に語り掛けています・・・

 

 

上の画像は斜め角度のものですが・・・

直角に対してもTEKOLABOは他と違って強いこだわりがあります。

 

A310とB310の
「ほぼ直角に近い角度」については、当ショップでのこだわりで
完全な直角 には制作していません。なぜ「直角」ではなく「ほぼ直角」なのか?

 


これは、正確な直角につくって取り付けられたテーブルは
実際には目の錯覚で直角に見えないむしろ足元が内側に
入っているように(逆ハの字) 見えて非常に不格好なものになることが多く
他のショップで直角のものを販売しているのを見るとわかると
思いますが、組付けた状態のテーブルになった時によくわかり
脚先(床に接している方)が内側に入っているような
本来直角なのに、傾いて見える・逆ハの字のような

見た目に不格好で不安定な印象をあたえるものとなります。


ですので、TEKOLABO独自のこだわりで90度よりもほんの少しだけ僅かに
斜め角度をつけたニアンスで量産制作するようにしています。
それにより、非常に安定感を見た目にもたらす効果があります。

(これは脚が非常に細いタイプの脚類に限ります)

 


*太さに悩まれている方は19mmをお勧めします!厚み24mmでも
このバランスです。30mm厚と合わせるともっと19mmの効果が
感じられると思います。

 

 

 


他店ではそのような感覚を持たない人・ショップが
鉄工所に直角で作らせ、言われるがまま
直角に制作する美的感覚のない作り手が制作して
似たようなものを流通させて販売しているのが大半です。

当ショップでは私・店主自身が作り手でありますので
自ら見本となるサンプルを制作して
量産してもらう鉄工所・プロに対しても作り方、仕上げ方
溶接の場所、溶接の量と質、使う制作治具、使う黒皮鉄の種類
まですべてを指導して商品化しています。

 

 

<ここ重要!>

この感覚で作られた鉄脚と単なる他の真似事で

作られた直角鉄脚をハイカウンター台やハイテーブルの天板に

取付け比べて見たらどうでしょう?

高さ700mm前後で上の画像ような感じが

850mm、900mmと高さが上がると違いが

どのような感じになるか少し想像がつくような感じがすると思います。

 

 

あなたのその重要な新しい一歩であるかも知れない

または、気分一掃して模様替えしたいようなテーブル脚には

非常に考慮すべき点だと思います。

 

そんな沢山のTEKOLABOのこだわりが詰まった

昭和レトロでいて少しインダストリアルさを感じる鉄脚を

リノベーションやマンションリフォーム、お部屋の模様替え

事務所の新設、移転時のPCデスク

カフェーテーブルやダイニングテーブルなどの制作自作にも 

お問い合わせご注文お待ちしております。

 

 

p.s.こういう事を完結して説明するのは難しく

途中書くのが嫌になりましたが(笑)多分

興味のない方にはごちゃごちゃ感が満載だったかもしれませんが

ちょっとコダワリを吐き出してスッキリしました・・・店主

 

 

 

 

 

古材や新材のダイニングテーブル・カフェーテーブル

ハイカウンター台や展示台・ハイテーブル脚を鉄脚で制作予定されています方

昭和レトロな鉄脚テーブルやベンチ 展示什器などご予定の方は

見積、相談承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

*古材天板だけや集成材やバーチプライウッド天板だけなど(最近始めました)

をお探しの方、ご検討中の方はどんどんお問い合わせください。


 


  TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ     
  〜鉄脚と古材の小さな研究室(laboratory)   
 
 
  *お手数ですがご注文は下記リンク先のフォームから連絡ください。  
  [ ご注文・問合せ]   [PAGE TOPへ]

 

 

 

 

ハイカウンター・ハイテーブル脚・カウンター台つづき

 

ハイカウンター台や展示台・ハイテーブル脚を鉄脚で制作予定されています方に

また、4本独立脚の昭和レトロな鉄脚が大好きでローテーブル・カフェーテーブル・

ベンチ椅子・ダイニングテーブルにこのアイアンレッグをと計画中の方に

鉄脚の選び方のひとつとして

鉄脚の小さな研究室として一歩踏み込んだ記事をシェアいたします。

 

★★★仝た目★★★

 

TEKOLABOでは色々な好みのお客様に応えるべく

3種類の角度の鉄脚を販売制作していますが

これは、

見た目に斜め角度が好きな方   →Aノーマルタイプ

直角の角度の見た目が好きな方  →A310タイプ又はB310タイプ

上記のどちらでもない間が良い方 →A400タイプ又はB400タイプ

 

のような感じで大きく分けられます。

でもそれ以外の状況もプラスされ選ぶ鉄脚タイプは変わります。

 

 

★★★∧百鵑擦筏喟茲里呂濬个掘★★

 

カウンターテーブルや長机で天板奥行が狭い!

例えばw1200mmxd400mmの天板に一番斜め角度のAノーマルを

取り付けると足先が天板よりもはみ出してしまい(鉄脚高さ690mmの時)、

壁に寄せると足先が先に

壁にあたって天板と壁に隙間ができる状態になる。または

店舗の中央において什器として展示物を置く場合も

壁は関係なくても、お客様がテーブルの周りを歩くときに

展示物に目を取られて歩きますので、足元には注意が行かない状況となり

テーブルの脚に知らずのうちに引っかかってしまうことになります。

 

これがダイニングテーブルでも同じで室内ですと

日本なら皆さん多くは素足・軽いスリッパです。

となりますと想像がつきますよね!足の小指がぁ!!

 

ダイニングテーブルは奥行700mm以上あるものなら

脚を内側にセットすることで問題ないのでどのタイプでも好みの角度で選べますが

スペースの問題や一人で軽く食事をする為となると

450mm以下の天板で良いなどの場合は

確かに斜め角度の脚ってかっこいいですが(Aノーマル)

足先がはみ出して(鉄脚高さ690mmの時)は困りますので、そこで用意したのが

 

 

「少し斜め角度」「直角と斜め角度の中間」(笑)のA400タイプとB400タイプなんです

これだと、奥行400mmの天板幅以上あればはみ出しません。(鉄脚高さ690mmの時)

 

 

 

 

とこんな感じでまだまだダラダラと続きますので今日はここまで・・・

 

 

 

 

古材や新材のダイニングテーブル・カフェーテーブル

ハイカウンター台や展示台・ハイテーブル脚を鉄脚で制作予定されています方

昭和レトロな鉄脚テーブルやベンチ 展示什器などご予定の方は

見積、相談承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

*古材天板だけや集成材やバーチプライウッド天板だけなど(最近始めました)

をお探しの方、検討の方はどんどんお問い合わせください。


 


  TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ     
  〜鉄脚と古材の小さな研究室(laboratory)   
 
 
  *お手数ですがご注文は下記リンク先のフォームから連絡ください。  
  [ ご注文・問合せ]   [PAGE TOPへ]

 

 

ディスプレイ台・カウンターテーブル・ハイテーブル脚としての鉄脚

IMG_7658.jpg

 

 

アパレル什器やパン屋さん、受付カウンター台などで

古材や集成材、無垢天板などを使って

ハイテーブルとして鉄脚をご予定の方へのご参考に

 

神戸でジュエリーデザイナー・ジュエリーブランドを

展開されています「Atelier el 様へ納品させていただきました

ハイテーブル鉄脚が非常に参考になる素敵なお写真を

頂戴しましたのでご案内させていただきます。

 

 

*Atelier el  様では工房兼ショールームは「 完全ご予約制」となっており
工房として制作を最優先とされているため、どうぞご理解をお願い致します。

代わりに素敵な作品を上記リンクのインスタグラムでどうぞ!

 

 

お問い合わせでは当初 ディスプレイ用に非常に大きな天板予定で

高さ850mmの鉄脚を5本ということでお話を頂戴いたしました。

おそらく4つ角+天板の真ん中の中心あたりに天板折れの対策に

5本目を追加で計画されていましたが、

あまりストックを制作しない特注の高さ760mm以上の脚を

偶然別のお客様からのオーダーで制作するついでに多めに

制作していたものがありましたので、5本脚でのご予定ですが

せっかくの什器ですので6本脚で制作されると後々満足のいく

テーブルが出来ると思いますがいかがでしょうか?

と納品例写真と共にご提案させていただき

即決で太さ19mm脚で高さ850mmのほぼ直角角度

のB310タイプをご購入いただきました。

 

施工例で過去の6本脚納品のカウンターテーブルやハイテーブルの

お写真をメールでご紹介し取付位置の参考にご案内したのですが

その写真では 6本を均等割でセンターに取り付ける参考例だったのですが

お客様がお受け取り後取付完成写真をメールでいただいた時に

「板を継ぎ足した為、 脚の位置をセンターから少しずらしております。

予定と違ってしまい、すみません。」とメッセージいただいたのですが・・・

その時のお写真が上です!!

 

このセンターずらしの取り付けが妙に私にはグッときました!

「これもアリ!です!超クールです」と内心思いました。

憧れるような空間や古いテーブル古材展示什器も手伝って素敵なハイテーブルになっています。

 

店舗内装や古材リノベーション、セルフリノベなどで

ハイカウンター台や受付カウンターテーブル、古材や無垢天板・集成材を

使ったハイテーブル脚をご予定の方には非常に参考になると思います。

在庫がまだございますのでオーダー

お待ちしております。

 

 

TEKOLABOでは長机やカウンターテーブル用などに

4本以上の脚が必要な方の為に ばら売りで追加の脚を1本からご購入いただけます。

また、通常鉄脚在庫品は760mmまでしか制作していませんが

太さ19mm以上の脚に限定しまして1000mm程度までの

ハイテーブル脚を最近は特注制作しストック(在庫)しています。

 

(1)太さ19mm 4本セット h761~1,000mm前後まで 4本で13,800円

(2)太さ19mm 鉄脚ばら売り販売・h240~760mmまでは 1本 3,000円

(3)太さ19mm 鉄脚ばら売り販売・h761~1,000mmまでは1本 4,000円

(4)キャップ4個セット                      350円

(5)キャップ1個ばら売り                1個   100円

(6)送料 760mmまでは1,300円(関東) 1,000mmまでは  1,600円(関東)

 

 

*古材テーブルをお探しの方、古材天板、無垢天板、集成材天板など

 検討の方はお問い合わせください。


 


  TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ     
  〜鉄脚と古材の小さな研究室(laboratory)   
 
 
  *お手数ですがご注文は下記リンク先のフォームから連絡ください。  
  [ ご注文・問合せ]   [PAGE TOPへ]

 

 

古材鉄脚テーブル<アンティークパイン>

 

 

 

古材鉄脚カフェテーブル.jpg

 

140年前の酒蔵解体で出たアンティークと呼ぶにふさわしい年月を超えてきた表情は言葉がいりません。

 

 

 

 

 

 

今回のテーブルはイベントなど多数開催されていますリノベ空間へ納品させていただきました。

お客様から設置後のお写真をいただきました!

 

大正末期の長屋を二軒つなげて改装し無垢の床も大工さんと一緒に施工された

古民家をリノベーションしての空間で古材の古い柱やスツールが良い味を出しています。

大阪は堺の「ユノカド」に是非お近くにお越しの際はお寄りください。

 

 

・antique pine table 1800x450x2台

・反り止めアングル+φ19mmB310タイプ

・脚底丸フランジ仕様(オプション)

 

 

 

 

 

31164089_1428562493955702_6477107988594163712_n.jpg

 

31097762_1428562520622366_1550373337182502912_n.jpg

 

 

 

□□□□□□□   SLOW SOAP,  SLOW LiFE  !   ユノカ・ソープ。 □□□□□□□
日本や世界各地を旅し、古来より土地に根ざした素材や美容の技術との出会いから、
古くて新しいソープ・ライフやスキン・ライフのあり方を提案しています。
web site    : http://www.junocasoap.com/
facebook page  : http://www.facebook.com/sf.junocasoap
instagram      : https://www.instagram.com/junocado/

 

 

 

古材や無垢のナラ、タモ、ウォールナットでの新品天板での

テーブルベンチもオーダー制作可能です。お問い合わせください。

 

 

TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ

〜鉄脚と古材の小さな研究室(laboratory)

 

 

 

リフォーム・リノベーション用 テーブル脚・ハイチェア脚・ハイカウンター脚の選び方・角度について

角度比較.jpg

 

 

 

前回ハイテーブルやハイカウンター台などリフォーム、リノベーションで

制作を計画されている方へ鉄脚の選び方としてシェアさせていただいている続きです。

 

 

鉄脚だけの高さが690mmくらいを予定で更に

奥行の狭い天板(450mm以下)という条件が絞られてから

Aノーマルタイプという選択肢は無くなりました。

 

あとは分かりやすく言うと

●「直角角度タイプ/A310・B310」か

 「斜め角度と直角の間タイプ/A400・B400」かの2択。

            ↓

●「天板奥行が400mm以上ある場合」は

  A400・B400・A310・B310が使えます。

            ↓

●「天板奥行が400mmより狭く320mm以上ある場合」は

  A310・B310が使えます。

 

それを図に表したのが下図

 

 

 

最後の選択としてAタイプかBタイプか・・・

(1)見た目に「美しいなぁ」「綺麗な脚だなぁ」と感じるほうを選ぶ

(2)天板全幅(全長)650前後以下だと椅子に座った時に太もも

   膝があたる可能性があるので 絶対的にBタイプを選ぶ

 

 

(*)参考程度にAタイプは横揺れ強度がBタイプより強い

              ↓

   パソコン台や食事のダイニングテーブルとしての用途や

   物書きする使用用途なら全くどちらでも問題ありません。

   違いを感じるのはテーブルを横に揺するような軽作業台や

   ゴシゴシ雑巾がけをした時の振れ止まりに違いを感じます。

   (高さが650mmあたりを超えてからのお話です。)

   これはあくまでも太さ16mmの無垢黒皮鉄の鉄脚の場合であり

   太さを19mmに変えるだけで桁違いの強さと横揺れ強度に

   加えてインダストリアルな武骨さと美しさを兼ねた

   バランスを感じていただけます。

    

 

 

★★★TEKOLABOの鉄脚の角度についての強いこだわり★★★ 

 

TEKOLABOの鉄脚が何となく美しく感じる理由・・・

美しいとは完全に好みであり私たちの主観ですが 

 

何処か昭和レトロでいてインダストリアルな鉄脚をどうしても

次のダイニングテーブルやパソコンPC机、椅子ベンチ、

店舗什器には欲しいと探していて

沢山インターネットでサーフィンし店舗で実物を見たりして

なんか違うなぁ、こうじゃないだけど・・・と

TEKOLABOにたどり着いた方や

それを何となく同じように感じている方に語り掛けています・・・

 

 

上の画像は斜め角度のものですが・・・

直角に対してもTEKOLABOは他と違って強いこだわりがあります。

 

A310とB310の
「ほぼ直角に近い角度」については、当ショップでのこだわりで
完全な直角 には制作していません。なぜ「直角」ではなく「ほぼ直角」なのか?

 


これは、正確な直角につくって取り付けられたテーブルは
実際には目の錯覚で直角に見えないむしろ足元が内側に
入っているように(逆ハの字) 見えて非常に不格好なものになることが多く
他のショップで直角のものを販売しているのを見るとわかると
思いますが、組付けた状態のテーブルになった時によくわかり
脚先(床に接している方)が内側に入っているような
本来直角なのに、傾いて見える・逆ハの字のような

見た目に不格好で不安定な印象をあたえるものとなります。


ですので、TEKOLABO独自のこだわりで90度よりもほんの少しだけ僅かに
斜め角度をつけたニアンスで量産制作するようにしています。
それにより、非常に安定感を見た目にもたらす効果があります。

(これは脚が非常に細いタイプの脚類に限ります)

 


*太さに悩まれている方は19mmをお勧めします!厚み24mmでも
このバランスです。30mm厚と合わせるともっと19mmの効果が
感じられると思います。

 

 

 


他店ではそのような感覚を持たない人・ショップが
鉄工所に直角で作らせ、言われるがまま
直角に制作する美的感覚のない作り手が制作して
似たようなものを流通させて販売しているのが大半です。

当ショップでは私・店主自身が作り手でありますので
自ら見本となるサンプルを制作して
量産してもらう鉄工所・プロに対しても作り方、仕上げ方
溶接の場所、溶接の量と質、使う制作治具、使う黒皮鉄の種類
まですべてを指導して商品化しています。

 

 

<ここ重要!>

この感覚で作られた鉄脚と単なる他の真似事で

作られた直角鉄脚をハイカウンター台やハイテーブルの天板に

取付けたらどうでしょう?

高さ700mm前後で上の画像ような感じが

850mm、900mmと高さが上がると

どのような感じになるか少し想像がつくような感じがすると思います。

 

 

あなたのその重要な新しい一歩であるかも知れない

または、気分一掃して模様替えしたいようなテーブル脚には

非常に考慮すべき点だと思います。

 

そんな沢山のTEKOLABOのこだわりが詰まった

昭和レトロでいてインダストリアルな鉄脚を

リノベーションやマンションリフォーム、お部屋の模様替え

事務所の新設、移転時のPCデスクなどに

お問い合わせご注文お待ちしております。

 

 

p.s.こういう事を完結して説明するのは難しく

途中書くのが嫌になりましたが(笑)多分

興味のない方にはごちゃごちゃ満載だったかもしれませんが

ちょっとコダワリを吐き出してスッキリしました・・・店主

 

 

 

 

 

 

 

古材や新材のダイニングテーブル・カフェーテーブル

ハイカウンター台や展示台・ハイテーブル脚を鉄脚で制作予定されています方

昭和レトロな鉄脚テーブルやベンチ 展示什器などご予定の方は

見積、相談承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

*古材天板だけや集成材やバーチプライウッド天板だけなど(最近始めました)

をお探しの方、検討の方はどんどんお問い合わせください。


 


  TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ     
  〜鉄脚と古材の小さな研究室(laboratory)   
 
 
  *お手数ですがご注文は下記リンク先のフォームから連絡ください。  
  [ ご注文・問合せ]   [PAGE TOPへ]

 

 

 

 

リフォーム・リノベーション用 テーブル脚・ハイチェア脚・ハイカウンター脚の選び方・角度について

 

ハイカウンター台や展示台・ハイテーブル脚を鉄脚で制作予定されています方に

また、4本独立脚の昭和レトロな鉄脚が大好きでローテーブル・カフェーテーブル・

ベンチ椅子・ダイニングテーブルにこのアイアンレッグをと計画中の方に

鉄脚の選び方のひとつとして

鉄脚の小さな研究室として一歩踏み込んだ記事をシェアいたします。

 

★★★仝た目★★★

 

TEKOLABOでは色々な好みのお客様に応えるべく

3種類の角度の鉄脚を販売制作していますが

これは、

見た目に斜め角度が好きな方   →Aノーマルタイプ

直角の角度の見た目が好きな方  →A310タイプ又はB310タイプ

上記のどちらでもない間が良い方 →A400タイプ又はB400タイプ

 

のような感じで大きく分けられます。

でもそれ以外の状況もプラスされ選ぶ鉄脚タイプは変わります。

 

 

★★★∧百鵑擦筏喟茲里呂濬个掘★★

 

カウンターテーブルや長机で天板奥行が狭い!

例えばw1200mmxd400mmの天板に一番斜め角度のAノーマルを

取り付けると足先が天板よりもはみ出してしまい(鉄脚高さ690mmの時)、

壁に寄せると足先が先に

壁にあたって天板と壁に隙間ができる状態になる。または

店舗の中央において什器として展示物を置く場合も

壁は関係なくても、お客様がテーブルの周りを歩くときに

展示物に目を取られて歩きますので、足元には注意が行かない状況となり

テーブルの脚に知らずのうちに引っかかってしまうことになります。

 

これがダイニングテーブルでも同じで室内ですと

日本なら皆さん当然はだしです。

となりますと想像がつきますよね!足の小指がぁ!!

 

ダイニングテーブルは奥行700mm以上あるものなら

脚を内側にセットすることで問題ないのでどのタイプでも好みの角度で選べますが

スペースの問題や一人で軽く食事をする為となると

450mm以下の天板で良いなどの場合は

確かに斜め角度の脚ってかっこいいですが(Aノーマル)

足先がはみ出して(鉄脚高さ690mmの時)は困りますので、そこで用意したのが

 

 

「少し斜め角度」「直角と斜め角度の中間」(笑)のA400タイプとB400タイプなんです

これだと、奥行400mmの天板幅以上あればはみ出しません。(鉄脚高さ690mmの時)

 

 

 

 

とこんな感じでまだまだダラダラと続きますので今日はここまで・・・

 

 

 

 

古材や新材のダイニングテーブル・カフェーテーブル

ハイカウンター台や展示台・ハイテーブル脚を鉄脚で制作予定されています方

昭和レトロな鉄脚テーブルやベンチ 展示什器などご予定の方は

見積、相談承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

*古材天板だけや集成材やバーチプライウッド天板だけなど(最近始めました)

をお探しの方、検討の方はどんどんお問い合わせください。


 


  TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ     
  〜鉄脚と古材の小さな研究室(laboratory)   
 
 
  *お手数ですがご注文は下記リンク先のフォームから連絡ください。  
  [ ご注文・問合せ]   [PAGE TOPへ]

 

 

お料理教室に旅立つ鉄脚

真っ白な壁と天井 並べられた白い箱

黒の電傘 黒(に見える)の床と黒い鉄脚と

分厚い木の天板と味のある建具・・・

 

このシンプルなトーンが素敵な空間http://www.toricot.com

 

 

 

 

 

昨年 太さ16mmの鉄脚4本セットB310タイプを3セットご購入くださいまして

今年また 新たに追加でテーブルを作られるため2セットリピート購入いただきました。

その去年のご購入で作成されたテーブルのお写真をお送りいただきました。

今回はB400タイプをご購入いただきましたが

 

 

TEKOLABOの鉄脚は 天板に取り付ける部分の金具は

頑丈な4.5mm厚の分厚いエル字金具ですが実はこれ・・・

取付穴位置・大きさすべてレーザー加工でカットしていて

全5タイプ共通(太さ16mm、19mm共通)のモノとなっています。

 

ですから、過去に購入した鉄脚でも、タイプが違っていても

太さが違っていても、新しく購入した鉄脚でも全部同じ取り付け部ですから

前にDIYしたテーブルを高さを変えたり

タイプを変えたりしたい場合でも取り換えが簡単です。

DIYで過去にあけた天板の穴がすべてそのまま使えるのです!

 

例えばこの天板はもう子供の勉強机にしたいから低いものに鉄脚を変える

それまで付けていた鉄脚は別のカフェテーブルに使いまわしたい

などの場合でもそのまま、新しく注文いただいた鉄脚が古い天板に開けていた

取付穴にそのまま使えます。

 

 

☆☆☆☆☆☆HPのリンクもご許可いただきましたのでご紹介します☆☆☆☆☆☆

 

 

鎌倉市大町の山の上、緑に囲まれた一軒家で開いている
野菜料理とお菓子の教室です。

自分へ、そして大切な誰かのために料理をつくることの楽しさや、
『食べる』ことの大切さをすこしでも多くの方と共有したいと思い、
ちいさな料理教室をはじめました。

『食べる』を通じて人と人がつながっていける、
そんな場所でありたいと思っています。

できる限り選んでいるのは、丁寧につくられた素材、
生産者さんから届く食材、作り手の顔が見える器や道具。

実習を中心とした少人数制のレッスンで、
不定期ではありますが、毎月ちいさな料理教室を開いています。


toricot / トリコ
tori = 広場
cot = 小屋
風通しのいい、広場のような自由な場所であれたら。
そんな思いで名付けました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

http://www.toricot.com
赤城 美知子/akagi michiko

 

 

 

そんな素敵な活動をされていらっしゃいます赤城さんの

過去の教室をちょっと さかのぼってみました!

料理のお写真が無いのにもかかわらず

メニューの食材と料理名がテキストで並べられているだけなのに・・・

なんだかフワァーっと頭の中に映像が浮かんで

食べたいっ!!と衝動にかられる料理教室の日を見つけてしまいました(笑)!

「絶対おいしいに決まっている!」

これ、行きたい!って (お野菜だけでもビールのアテに出来るほど野菜好きな私)

 

 

 

 

 

Sun.10.01.2017




 『10月の料理教室』

 ・牛蒡と春菊のごはん
 ・人参のすり流し
 ・里芋のコロッケ
 ・きのこ味噌
 ・柿と銀杏の白和え
 ・栗と黒胡麻のケーキ


 toricotの野菜料理の教室、実習中心のクラスになります。


::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

こんな素敵な教室を運営されている「鎌倉」の地に

リピート購入いただけて鉄脚も次はどんな天板に

合わせられるのか楽しみでしかたないのかも知れません。

 

 

それにしても、白っていいですねぇ〜

それから やっぱり鉄脚も商品写真ではなく

実際に使っている・使われている時の写真が一番いいですね!

 

 

 

TEKOLABO STORE 店主

 

 

 

 

 

 


TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ   
〜鉄脚と古材の小さな研究室(laboratory) 


*お手数ですがご注文は下記リンク先のフォームから連絡ください。


[ ご注文・問合せ]   [PAGE TOPへ]